事業内容のご案内

大型平面ラップ盤

EJW-300F-GNC

定盤サイズ φ3200
長尺部品の平坦性を向上。

長尺部品の平坦性を向上するには、定盤の精度はもとより、研磨物の形状精度に応じて研磨方法を判断する必要があります。当社では、加工前・加工途中の形状精度を三次元測定器で確認し、対象物のもつ傾向を把握します。得られたデータより定盤の形状や研磨物の動きを判断し平坦性の向上を可能としております。また、前加工の研削工程においても平坦な面をつくりだし、ラップ加工では更に厳しい平坦度・面粗度の数値を追及します。縁ダレを押さえる仕上がりも可能としております。大型ラップの加工技術は、測定・研削・研磨のあわせ技によって高精度な要求にご対応致します。

OTHER MACHINERY LIST

機械設備リスト

  • 大型門型平面研削盤

    KSL-F2550(HU)

  • 超大型三次元座標測定機

    MMZ-G306020

  • 超精密成形平面研削盤

    SGC-408S4-N3

  • ダイヤモンドバイト鏡面仕上用CNC旋盤

    Nanoform700ultra

  • 超高精度三次元測定機

    UA3P-4

  • 大型門型5面加工機

    MVR45

  • 大口径レーザー干渉計

    Verifire Atz

  • 磁気粘弾性流体研磨機

    Q-flex300